この記事を書いている人

anna=

anna*。₊

アラサー女子。恋より仕事!韓ドラで癒し補給中!

歴こそ浅いものの、気が付けば韓ドラのとりこ。
ドラマが観たくなったり、内容が分かりやすくなるまとめを心がけています。
あらすじ内に心の声多発注意。
胸キュンって癒しですよね!?ドラマ観た方、一緒に叫びましょう…!

※胸キュン、足りてる?韓ドラ1ヵ月無料見放題!

韓ドラ無料!お試しこちら♡<U-NEXT>

U-NEXTの無料お試し登録は簡単♪解約だっていつでもできる♪

『相続者たち 第1話』twitterの反響

韓国ドラマ初心者の私も、「相続者たち」を観て韓国ドラマに目覚めました。
ふふふふふ。韓国ドラマの沼に来てしまいました。
ストーリーが面白い上に、キャストたちの演技も上手くて引き込まれてしまうんですよね。
タンを演じるイ・ミンホの魅力は1話目から全開!たまりません・・・!!!
好きにならない人なんていないのでは…?


学園を舞台にした恋愛ドラマですが、1話目のパク・シネ演じるウンサンの姿や置かれている環境は、思わず涙してしまいます……。ウンサンには絶対に幸せになってもらいたいです(涙)


1話目の最大胸キュンポイント・・・!
ラストのタンの行動は最高。強がっているけれどほんとは心細い……そんなウンサンの元に颯爽と戻ってくるタン…。こういうことされたいっていう女性の心の(もしくは私の)願望が詰まっています…。

相続者たち1話のあらすじ(ネタバレあり!)

はじめのシーンはロスの海で華麗にサーフィンをする主人公タンの姿から始まります。
御曹司のタンと貧しい家の少女ウンサン。
交わるはずのない2人はどんな風に出会うのでしょうか。
相続者たち1話の胸キュンと推しどころ、そしてストーリーを見ていきましょう。

相続者たち1話の胸キュン度

・胸キュン度★★★★☆
オープニングでサーフィンをしたあと、物憂げにシャワーを浴びるタンの姿は色気のかたまり…美しいです…。

・胸キュン度★★★★☆
大豆の粉(ミスカル)を麻薬と間違われ警官に咎められるウンサンを救うために知り合いのふりをしてウンサンに腕を回すタンにドキっとします。

・胸キュン度★★★★★
治安の悪いアメリカの街ではじめは置き去りにしたウンサンを車で迎えにくるタン。第1話最大級の胸キュンポイントです!

相続者たち1話の推しどころ

第一話にも関わらず登場人物は多く、それぞれに不満や悲しみを抱えていますが、その中で最も推せるポイントは、タンの表情です。友人の前では何も考えていないボンボンの姿を見せていながら、一人になると虚ろげでどこか寂しそうになるタン…。(切なそう…)

タンは腹違いの兄ウォンから疎まれてアメリカに留学していますが、ビーチでたまたま見かけたウンサンのことを気にかけたのは、もしかしたらウンサンが“実の姉に裏切られて捨てられた”ところが心にひっかかったのかもしれません(涙)うう…。

※寝不足注意!韓国ドラマ一気見しちゃう!

韓ドラ!1ヵ月無料見放題をチェック<U-NEXT>
U-NEXTの無料お試し登録は簡単♪解約もいつでもスグ♪

御曹司タン~遊学の裏側~

カリフォルニア州・ロサンゼルス。
青い海で軽快にサーフィンをするキム・タン[イ・ミンホ]。
帝国グループの御曹司である彼は、優雅な青春を過ごしているように見えますが、

実は、タンは帝国グループ会長の婚外子であるため、腹違いの兄から冷たくあしらわれるようにアメリカに留学させられていたのです。
タンは兄を憎みこそしませんが、空虚な毎日を埋めるように仲間たちと遊んで暮らします。

(出だしからタンこと、イケメン俳優のイ・ミンホ登場で爆上がりします…)

貧しい人生は辛い

学校の体育倉庫

ジュニ[チョ・ユヌ]をいじめるヨンド[キム・ウビン]と取り巻きの姿。
ヨンドは取り巻きたちも圧倒させながらもジュニに言い捨てます。

「痛めつける奴の差は変わろうが、ずっと痛めつけられるのがお前の人生だ。俺たちが将来(ジュニ)の雇い主になるからな。」

バイク店
バイクを選ぶヨンド。
そこにアルバイトでチキンを配達しにきたヒロインのウンサン[パク・シネ]。
配達のあとはカフェのバイト。

(ウンサンは高校2年生にも関わらず、よく働きます…( ;∀;))

カフェで恋人のボナと待ち合わせをしている幼なじみのチャニョン[カン・ミニョク]は、ウンサンにたいして働きすぎだと心配したり、恋人を作るように勧めますが、生活の苦しいウンサンにはそんな余裕はありませんでした。
諦めるようにウンサンは言います。
「これが運命なのよ。」
そこにチュニャンの恋人ボナ[クリスタル]が登場。
ウンサンとチョニャンが話している様子に嫉妬しウンサンに敵意を向けます。

ウンサンは面倒くさそうにボナをあしらい、チョニャンは怒り狂うボナをなだめつつ2人は仲睦まじく帰っていきます。

運命は切り開ける?

バイトの帰り道、ウンサンはボナの愚痴を、アメリカに留学している姉へ電話で言います。
しかし電話は留守電のまま。
その頃姉は、留学先のアメリカで同居している男に暴力を振るわれた挙句、出ていけと言われていました。
「たまには電話してよね。」とウンサンは姉の留守電話に告げ、電話を切ります。
そこに雨が降り、傘が開かないウンサンはお店の軒下へ。
お店のショーウィンドウにはドリームキャッチャーが飾られています。
ドリームキャッチャーがキラリと光り、ウンサンの持っていた傘が開きます。

(ドリームキャッチャーはこのあと要所要所で出てくるので要チェックです♪)

チョニャンの自宅
ボナとのデートが終わり自宅で父と夕食を作るチョニャン。
チョニャンはアメリカ留学をする予定ですが、バイトに明け暮れるウンサンに気が引けて伝えられていません。
チョニャンは父に、ウンサンの母は元気でいるかを尋ねると父はこんなことを言います。

「帝国グループの奥様をしっかり管理しているさ。」

帝国グループ会長の家

ウンサンの母は、障害を持ち、話すことができません。
しかし、帝国グループ社長の豪邸で家政婦として働いています。

筆談で返答をするウンサンの母。

帝国グループ会長の愛人である傍若無人な女性は、家政婦であるウンサンの母にひどい態度を取り、食事を用意しても「味が不味い」と下げるように伝えます。

ウンサンの家
残りの食事をウンサンと暮らす家に持って帰ってくる母。
ウンサンは貧しい暮らしや、食べ残しをもって帰ってくる母にうんざりしていました。

“姉は一人だけアメリカで贅沢をしていてズルい。”

その折、姉が留学先のアメリカで結婚することを母から聞きます。
母はこれまでコツコツと貯めてきたお金を姉に送金するようにウンサンに言います。
ウンサンは驚き、アメリカの姉のもとへ直接お金を渡しにいくことにしました。
バイトも辞めたウンサン。もう韓国に戻るつもりはありません。

さらに、ウンサンは、家の中で母が職場で使っている筆談のノートを発見。
そこには、「申し訳ありません」「そんなに怒らないでください」などと母の字で書かれていました。
恐らく、帝国グループ社長の家では、英語での注文にも答えろと言われたのでしょう、ノートには懸命に英語を勉強した跡も……。
痛ましい母の姿に、ウンサンは涙を流します。
キッチンでは、姉に渡すために、ミスカルという大豆を引いて粉にするものを作っている母の姿。

”成功したら絶対迎えに来るから”
ウンサンは心の中で母に誓い、声を押し殺して泣きます。

レストラン
ヨンドの父親とラヘル[キム・ジウォン]の母親が再婚するための家族食事会。
ヨンドもラヘルも再婚には乗り気ではありませんが、ヨンドは父にたいして挑発的な態度を取り、食事会を台無しにします。
席を立ち外にでたヨンドに対し、物申すラヘル。
ラヘルは自分がタンと婚約したことを伝え、ヨンドがタンの義兄弟となることを告げます。
それにたいしてヨンドは、「再婚自体は嫌じゃない。ただ、この結婚は経営戦略だ。お前の母の会社の株は誰の手に渡るか。だから破談にするのさ。」と伝え、去っていきます。

(たくさんの登場人物が1話目からでてきますが、話を増すごとに関係性が明らかになってくるので1話目で関係性が追いきれなくてもOKです!)

絶望、そしてビーチでの出会い

ロサンゼルス空港
姉に会うため、ロサンゼルスに降り立ったウンサン。
同じく、婚約者のタンに会うためにウンサンと同じ空港に降り立ったラヘル。
ラヘルは婚約者のタンに好かれておらず、タンの姿は空港にはありません。
ラヘルは、電話の相手にたいしてタンが迎えに来てくれているとウソをつきます。
ラヘルはウンサンに笑われたと取り違えて詰め寄ります。
しかし、ウンサンは、ラヘルと自分が似ているように感じていたのでした。
ウンサン「ここに来ても歓迎されていないように感じたの。」

ロサンゼルスの姉の家~ビーチ
姉が婚約者と暮らす家に着いたウンサン。
しかし、ドアから出てきたのは見ず知らずの金髪の女性。
姉の婚約者に詰め寄るも、男性側は初耳のようでした。
「結婚する気もないし、そもそもステラ(ウンサンの姉)は大学に行っていない。」
衝撃の事実を知り、途方にくれたウンサンはフラフラとビーチにたどり着きます。
そのビーチのカフェでは、店員として働きながら男性たちに色目を使っている姉の姿が。
唯一の光であった姉の環境はすべてウソであったことを目の当たりにしたウンサンは涙を流します。

カフェにいたタンは、泣いているウンサンの姿が目に留まり、そのまま姉との成り行きを見守ります。
ウンサンは泣きながら激高。
しかし姉はウンサンのキャリーケースを漁り、母がこれまで貯めてきたお金を無理やり奪い逃げていきます。
荒らされたキャリーケースを片付けながら号泣するウンサン。
そこに、考え無しのタンの仲間のジェイがナンパをしにいきます。
ウンサンはジェイを止めますが時すでに遅し…。

ナンパに行ったジェイは、なんとウンサンの荷物にあったミスカルを麻薬と勘違い。
麻薬を吸いたいジェイはミスカルを奪い、大量に吸引。
しかも豆アレルギーだったジェイは呼吸困難となり、病院へ運びこまれることに。

(お姉ちゃんへ渡すためにお母さんがせっかく作ったのに。。ジェイくん…全く、、何してんの…)

王子様はオープンカーで現れる

警察署
ジェイの命は無事でしたが、ジェイのせいで麻薬所持者として疑われるウンサン。
英語が分からないウンサンを庇おうとタンがやってきますが、逆効果。
ミスカルの成分解析が終わるまで、ウンサンは警察にパスポートを取り上げられる形となりました。

タンは距離を取りつつもウンサンのことを心配しますが、ウンサンは気丈にも姉の家で世話になるからそこまで送るようにタンに伝えます。
姉とウンサンの一部始終を見ていたためタンは、姉を頼れない状態であることを分かった上で、ウンサンを姉の家まで送りました。

姉の家
姉の家は案の上、ノックしてもドアは開かれません。
「本当に姉が戻ってくると思うか?」
とタン。
ウンサンは精一杯気を張ります。
「戻ってくるまで待つ」というウンサンの返答に、タンの車はウンサンを残しその場を離れました。

夜もとっくに更け、治安も悪い見知らぬ外国で完全に1人になったウンサン。
パトカーの音が鳴り続け不穏な空気。タチの悪い輩に絡まれて、ウンサンの我慢の限界は頂点に。
姉の家を離れ、行く宛もなく歩きはじめたウンサンの背後から、タンの車が登場しますーーーーー。

相続者たち第1話の挿入歌・ロケ地

相続者たち第1話の挿入歌やロケ地をピックアップ!

相続者たち1話の挿入歌

マリヤ

相続者たち1話のロケ地

・ウンサンがアルバイトをしていたカフェ(MANGO SIX POSCO店)
・ウンサンが雨宿りをしてドリームキャッチャーを見たお店(仁寺洞「パステル・ド・ナッタ」)
・ウンサンと姉のステラがケンカ別れをしたビーチのカフェ(米・ハンティントンビーチ「sandy’s」)

※ドラマ各種1ヵ月無料見放題! 他で見れない韓ドラ作品がたくさん!

『相続者たち』全話!無料体験はここ!<U-NEXT>

U-NEXTの無料お試し登録は簡単♪解約だっていつでもできちゃう♪